ウッドホーム株式会社
お客様相談室はこちらです
今だから!耐震補償付き住宅
スマホ用サイトできました!

大地震が起きた際に大きな被害をもたらすのが液状化現象です。 地震大国日本では、激しい揺れに強い住宅は多いですが、液状化対策がなされた住宅はほとんどありません。 被害が起きてからでは手遅れですので、建てる前にしっかりと対策を打っておきましょう。

液状化とは

液状化とは、地震によって地盤が一時的に液体のようになってしまう現象です。通常、地盤は土や砂・水・空気などが均等に混ざって構成されています。しかし、地震等の大きな揺れによって、これら安定していた土・砂・水が分離され、地盤が水に浮いたような状態になってしまうのです。そうして、水が噴き出したり上部の建物などが沈み込んだり、揚圧力を受けて破壊されたりします。
液状化現象が起こりやすい地盤は、海岸や川の近くや埋立地など、砂質土が多く地下水位が高い地盤だと言われております。液状化を完全に防ぐことは難しいですが、地盤改良の有無、および工法によっては対策を打つことが可能です。

液状化発生メカニズム

砂が積もった地盤の中で砂の粒子が互いにくっつき、その間に水がある状態

地震の揺れで砂の粒子は下層で密に、上層では液体状になり家が傾き始めます

地震後に地盤沈下し、家が傾いたり沈んだりする不同沈下が発生することも

東日本大震災における液状化被害

2011年3月に起こった東日本大震災では、各地で液状化が発生し、深刻な問題になりました。NHKの報告では、液状化による住宅の被害は関東を中心に23,700棟発生したと言われています。
特に、千葉県浦安市をはじめとした湾岸地区、および内陸部でも埼玉県久喜市のような田んぼを埋め立てた土地においての被害が大きかったと言われています。地面から水があふれ出し道路が水浸しになったり、電柱が倒れてしまう、家が大きく傾いてしまうなどの被害が多数報告されました。
傾いた家での生活は困難なものです。ジャッキアップという方法で持ち上げて直すことは可能ですが、安い場合でも数百万円はかかると言われておりますし、何より100%元通りというわけにはいきません。

※写真をクリックすると拡大表示されます

液状化対策

実は4つの発生要因のうち、どれか一つでも取り除けば、液状化被害を最小限に抑えることができると言われております。東日本大震災の際にも、対策を打っていた物件に関しては、そうでないものが50〜60/1000近く傾いてしまっている中、2〜5/1000程度で済んだという報告もありました。6/1000未満の傾きであれば、基本的には生活をする上で支障はないと言われております。
一般に住宅規模であると、「緩い砂地盤」に対して締め固めるか、もしくは「間隙水圧の上昇」に対して水圧上水を抑圧するかのどちらか、もしくはその両方を行うことが妥当と言われております。

液状化の要因と対策

緩い砂地盤
締め固める(間隙比を縮小する)
地盤の大きな地形
変形を抑制する
間隙水圧の上昇
水圧上昇を抑制する
地下水位の上昇
地下水位を低下させる

液状化は上記要因のうち1つでも取り除くことができれば防止できると言われております。

※専門書抜粋

液状化被害には保証が適用されないですし、また建てた後からの対策は難しいです。 大切なマイホームですから、建てる前にしっかりと液状化を想定した地盤改良工事などの対策をしておくことが大事です!

地盤改良工事について詳しく見る>>
Copyright© Woodhome Co,.Ltd.All Rights Reserved.