商品ラインナップ

グランドスクラム構法

構造材や接合金物、施工にいたるまで先進の技術を結集した「グランドスクラム構法」は、日本古来からの伝統的な住宅建築方法である在来木造軸組工法の特長を活かしながら、独自の技術で接合強度の向上・安定を計り、性能表示制度「耐震等級3※(最高等級)」を実現し、地震や台風などに負けない耐震性の高い住宅を実現しました。

TECHNOLOGY ①
構造材は集成材を採用

集成材と一般製材の強度比較
曲げ性能の比較

柱・梁・土台などの主な構造材は「オール集成材」で、経年による寸法変化、ゆがみや反りが殆ど無く、木の欠点とされる大きな節や割れを取り除き、安定した精度を長く維持できる集成材を採用しました。

TECHNOLOGY ②
テクノスター金物

テクノスター金物
テクノスター金物

地震などの際に大きなチカラがかかる接合部には、構造材の切り欠き加工を最小限に抑え、防錆性にもすぐれた「テクノスター金物」を使用することで、木材同士をつないでいる接合部を強化し耐震性を高めました。

TECHNOLOGY ③
剛床工法

剛床工法

梁と床面を一体化させた「剛床工法」は、地震や台風の時に横からの強い外力による建物全体のゆがみやねじれを面構造がしっかり抑えます。床も構造の一部として「強さ」を求めました。

TECHNOLOGY ④
通気工法

通気工法

建物全体で呼吸して、木の大敵「湿気」を防ぎます。家を取り囲む「外壁・屋根・床下」のすべてから換気できる構造で、構造材を傷める原因となる、壁の中の湿気や結露を抑え住まいの強度を長く維持します。


  • ※品確法(住宅の品質確保促進に関する法律等)における住宅性能表示制度の耐震等級における基準の最高等級。地域やプランにより、最高等級にならない場合もあります。
  • ※掲載のアイフルホームの住宅性能等級は、住宅性能表示制度の基準に基づき当社が独自に設計評価したもので、登録住宅性能評価機関による評価ではありません。また、設計段階で評価したもので、完成段階や経年変化を考慮したものではありません。
  • ※掲載の写真はイメージを含みます。色目地、柄等の見え方が実物と異なる場合、実物が優先されます。掲載の設備・仕様は説明、意匠用に一部イメージを含んでおります。また商品改良のため仕様が変更になることがあります。あらかじめご了承ください。

建築素材や基本性能を厳選しました。

小さなお子様からお年寄りまで、暮らす人が健やかな毎日をおくれるように、温度や空気、そして点検や補修のしやすさなど、細部にわたって対策を講じました。

EFFICIENCY ①
オリジナル遮熱工法

オリジナル遮熱工法概念図遮熱シート
小屋裏の温度変化比較
遮熱シートにより、小屋裏温度が低く抑えられるため、室温の上昇を抑制できます。

夏の猛暑による小屋裏環境の改善として、また省エネルギーの観点からオリジナル遮熱工法を採用することで、地球温暖化の原因となるCO2排出量を抑えることにつながります。屋根の表面は、暑い夏の日差し(日射)を受けて高い温度になり、ふく射熱を室内に向けて放射します。遮熱シートは、このふく射熱を反射して、室内に侵入するのを抑えます。※特許出願中

EFFICIENCY ②
24時間換気システム

24時間換気システム概念図

各部屋の給気口・給気ファンにより取り入れられた新鮮な空気をゆるやかに循環させ、汚れた空気を水廻りなどの排気ファンから屋外へ排出。つねにクリーンな室内環境をキープします。

EFFICIENCY ③
樹脂システム配管

ヘッダー配管方式イメージ図

給水給湯管には経年による錆や腐食の心配のない「樹脂システム配管(ヘッダー配管方式)」を採用し、給水と給湯それぞれが、途中で配管が枝分かれすることなく、直接蛇口まで配管されます。

EFFICIENCY ④
F☆☆☆☆の建材

建築基準法で制限される全ての規制対象建材に、シックハウス症候群の原因といわれるホルムアルデヒドの発散量が最も少ないJIS・JAS最高等級の「F☆☆☆☆」の建材を採用しています。

EFFICIENCY ⑤
バリアフリー設計

  • フラットフロア
  • 階段手摺り
  • 浴室出入り口
  • 浴槽握りバー
  • 指をはさみにくい折れ戸

家庭内の事故で意外に多いのがつまずきやぶつかり。これらの思いがけない事故は、床の段差の解消や適切な場所に手すりを設置することなどの工夫で、未然に防ぐことができます。家の中での安全を考えたバリアフリー設計です。

EFFICIENCY 6
地盤調査と基礎計画

地盤調査の様子
基礎構造図イメージ(布基礎) 基礎構造図イメージ(ベタ基礎)

着工前に必ず精密な地盤調査(スウェーデン式のサウンディング試験)を行い、建物を支える地耐力を確認、地盤に問題があった場合には的確な地盤改良工事を行ったうえで、それぞれに合わせた基礎仕様をご提案いたします。
※地盤に関する調査費用、工事費用は別途発生します。