ウッドホームについて

スタッフインタビュー

自分のチャレンジ精神を良い方向に活かしたい。
営業・工務・図面チェック

どんな仕事ですか

お客様とお話すること以外は、具体的にこれが私の仕事というのは決まっていません。お客様がお持ちの要望に応じて、仕事内容も自ずと変わってきます。
例えば、一軒家の土地を探しているお客様には土地探しから、既にお持ちの土地の用途(地目)が田畑の場合は変更の申請に関わる手続きや、場合によっては親族の方々へ説明をすることもあります。お住まいが他地域で融資が受けにくいお客様や、賃貸住宅を建てたいというお客様もいました。
様々な要望や事情のあるお客様と、お付き合いの中で一緒にお客様の家づくりに携わっていくことが私の仕事になります。

どんな工夫が求められますか

多くのお客様にとって家づくりは初めてということがほとんどのため、ただ要望をお聞きしてその通りにするのではなく、お客様にとって本当に必要なものが何なのかを考えて提案するようにしています。
例えば、見栄えの良さやかっこいい家をお求めのお客様には、そこに住まわれる時のことを考慮し、後悔されないようプランを練ります。また、素材の指定についてもメリットとデメリットを説明し、求める機能を満たす別の商品の選択肢も提示して決めていただいています。

以前、漆喰の壁にしたいというお客様がいました。漆喰はメンテナンスや日頃の使い勝手の部分で気をつけなければならない点があり、場合によってはお勧めできないことがあります。そのようなお客様には漆喰に求められていることをお聞きし、同様の効果が見込まれる別の商品を提案させていただきました。結果として漆喰にするよりもコストが抑えられ、その費用を別の部分に充当することができ、満足いただくことができました。

どんな会社ですか

一人一人の個人の成長をしっかり見てくれている会社だと思います。今後成長していく上で、何が必要なのかを考えてくれ、人として成長させてくれる会社です。
私は学生の頃から建築に興味があり、住宅関係の仕事がしたくて入社しました。二級建築士の資格取得についての支援や応援、学校に通えるように色々な所でサポートしてもらいました。
また、先日建物が完成したモデルハウスの監修を担当した際は、お客様から寄せられる要望を考慮し、来場されるお客様に気に入っていただけるよう様々な部分にアレンジを加えました。目で見て触れる選択肢を用意することで、モデルハウスがお客様のイメージのベースになっていることもあります。「このモデルハウスと同じようにしたい」というありがたいご要望も既にいただいております。

どんな自分になりたいですか

お客様に、「あなたの提案があったから快適に暮らせています」と言ってもらえるように取り組んでいきたいです。
また、私はチャレンジ精神が旺盛で、人がやったことがないことや標準的ではないことにも積極的に取り組むことがあります。床の上げ下げや中二階によるステップフロアを設け、空いた場所を収納にする工夫も、社内ではまだ事例のない頃から手がけることもありました。そういった自分の特長を、お客様や会社の事業のためにうまく活かせるようになり、無くてはならない存在になりたいと考えています。