ウッドホームについて

スタッフインタビュー

お客様に具体的にイメージしてもらえるように工夫しています。
図面作成・発注・アドバイザー

どんな仕事ですか

営業をサポートする立場として、いくつかの業務を担当しています。

図面作成
お客様に提案するためのプラン作成やご契約図面の作成をしております。
発注、工程数算出
成約後、建築のために必要な材料や業者さんの手配を行います。また、工程作成に必要な工程数をソフトウェアを使って割り出します。この工程数から、各工程を発注する業者さんにどのように発注していくかが決まることになります。
アドバイザー
間取りが決まった段階で、外観や内観の色や、キッチンや洗面所の住宅設備、壁紙等の細かな部分を決めていく仕事です。また、土地を探すお客様には不動産業者さんから提供されている資料を探したり、必要に応じて不動産業者さんに直接連絡を入れることもあります。

どんな工夫が求められますか

図面作成
営業が提案しやすいだけでなく、お客様がイメージしやすいよう、できる限りわかりやすい図面を作るよう心がけています。
発注、工程数算出
現場がスムーズに作業ができるよう、図面や仕様を見て、正確に読み取るようにしています。この段階で間違ってしまうと、後の多くの工程にも影響が出てしまうため、注意が必要です。
アドバイザー
お客様が建築後をイメージしやすいように、資料やパース図などを用意しています。また、CGやカタログでは想像しにくかった商品について、実際に建てた際の写真も用意できたときに大変喜んでいただきました。

どんな会社ですか

社員一人ひとりをしっかり見ていただける会社のため、それぞれにあった仕事等、色々工夫をしていただいています。二級建築士の資格取得についても、会社から次のステップとして持ちかけられ、先輩を始め会社から業務の分配や資格勉強等でフォローしてもらったこともあって合格することができました。仕事の幅も広がり、お客様からの見る目も変わってきたように思います。
また、わからないことがあった際、どの社員にも気軽に相談が行えるため、多くのことを吸収しやすいです。お客様に提案したい造作の施工例を探していた時に、勤務している店舗以外の先輩に助けていただいたことがあります。

どんな自分になりたいですか

サポート役として、営業の方に安心して仕事を任せてもらえる人になりたいです。今の自分の仕事に就くまでに、色々な仕事に関わってきました。そうした経験を通じて、誰かサポートする仕事が自分にあっていると感じています。