ウッドホームについて

スタッフインタビュー

様々な場面の経験を活かし、後進を育てられる人になりたい。
工務

どんな仕事ですか

契約をいただいた図面を元に、実際の形にしていく仕事です。
現場で仕事を進める上で、平面図ではわかりにくいことを事前に確認し、作業を進める上で必要があれば営業やお客様に確認をします。お客様の土地で引渡までの作業を進める上での管理担当として、工事の段取や工程を滞りなく進めていきます。
上棟式の際にお客様と顔合わせをします。現場の担当として、完成検査や引渡時に直接お客様と接することになります。また、施工中に現地で図面だけではわかりにくい特長をお客様にお伝えすることもあります。

どんな工夫が求められますか

工程を管理する上で、各工程の進捗はとても重要です。トラブルが事前に発生しないように対策を練ること、万が一トラブルが発生した時も迅速に対策がとれるよう準備しておく必要があります。順番に意味のある工程も多く、舵取りを間違えればその後の進捗にも大きく影響することになりかねません。職人さんやお客様に迷惑をかけることがないよう、細心の注意を払って進めていくことが重要です。
また、現場をご覧になるお客様もいます。図面ではわかりにくい天井の形状などの説明をしたり、進捗に関するお問い合わせをいただくこともあります。以前とても熱心なお客様にお問い合わせをいただいたことがあり、できあがった時にもとても喜んでもらえました。今でも大切な思い出の一つです。

どんな会社ですか

どんなことならこの人が成長できるのかをしっかり考えてくれる会社だと思います。
入社時は営業としてお客様と接する仕事をしていました。実際に仕事をしていく中で会社から、違ったフィールドで活躍してみないかというお話をいただき、色々な積み重ねがあって今の仕事を任せていただいています。家づくりの色々な場面を肌で感じてきたことが、今の仕事に繋がっています。
ステップアップとして、二級建築士、二級建築施工管理技士の資格を取得させてもらいました。いずれも会社や周囲からのバックアップのおかげで取得でき、名刺に資格名が載ったり、業務の幅も広がりました。これに慢心することなく、会社の一員として業務に取り組んでいきたいと考えています。

どんな自分になりたいですか

これまで家づくりの色々な場面を経験させていただきました。これに満足することなく、取り組んでまいりたいと考えています。これまで先輩に育てられてきましたが、自分も成長していきながら、中堅社員として新人を育てていけるようにもなりたいと考えています。直属の上司にあたるのが当社の代表になりますが、忙しそうにしていても話は聞いてもらえ、様々な問題への対応や、意見や考え方を間近にしていると、とても心強い存在です。いつか自分も会社にとって重要な頼られる人になりたいと考えています。